ファミリーキャンプに必要なポータブル電源の容量は?おすすめ機能も解説!

最近のファミリーキャンプはポータブル電源を持ってる方が多いですよね。

私としてはある方が良いと考えてます。

理由含めて以下で解説させていただきます。

ポータブル電源は様々な用途に使えますよね。
・暖房機器の使用
 ※ストーブ
 ※電気毛布
 ※ホットカーペット
・携帯、ランタンの充電
・Switch等のゲームの使用(充電)
などなど

電源が使える事でキャンプの幅が広がりますよね。

特に冬に関しては、小さなお子様のいるファミリーキャンプにはポータブル電源もしくは、電源サイトが必須になるのでは無いでしょうか。

私の家族は冬場はもっぱら電源サイトを利用するので活用する事は少ないのですが持っていれば活躍する事間違いなしのギアです。

とはいえ、ポータブル電源と言ってもたくさんの種類がございます。

特に容量、出力がポイントになると思います。

改めて、ファミリーキャンプに最低限必要な出力等をまとめてみましたのでご覧ください。

目次

ファミリーキャンプに必要なポータブル電源の容量

おすすめ容量

ポータブル電源に書いてある【Wh】と言う表記について、私は元々意味が分かりませんでしたが調べるとすぐに理解出来たので共有致します。

電力消費量を表す単位となります。

例えば、消費出力50Wを2時間使うと50×2=100 →100Whが必要となります。

このように消費出力を何時間使うかで計算すると自分に必要な容量が分かってきます。

細かく計算するのは面倒なので、ざっくり言うと以下のポイントを分かってると、大体自分に必要な容量が分かってきます。

※400WH

ファミリーキャンプのポータブル電源で最もボリュームゾーンとなるのはこの容量ではないでしょうか。

目安としては1泊のキャンプであれば、問題無く完走出来るくらいの容量だと言われてます。

ほんとの最低限ともなるともう少し小さい容量よ240程度もありますが、常に無くならないかなと気を遣いながら過ごす事になるのではないかなと思います。

スマホ充電や電気毛布を少し使う程度であれば400WHあれば困ることは無いと思います。

※大容量タイプ

上記で述べた容量以外にも700や1000と言った大容量のポータブル電源も存在します。

ここまで必要なのかなと思いますが、場面によってはやっぱり必要なようです。

例えば、消費出力の高いものを使う時

・ドライヤー
・電気ケトル
・炊飯器
・オーブン

など

確かにあると便利な物なのですが、私の家族では必要では無いかなと思うので、400Whで十分かなと思ってます。

このような考え方で自分達ファミリーに合った物を選んでいただければと思います。

ちなみに私ファミリーに関しては、ご説明しました通り冬場は電源サイトを使わせていただく事が多いので、そもそも必要ないケースが多いです。

特に小さなお子様がおられる方は同様に電源サイトがおすすめです。

万が一ポータブル電源の充電が無くなってしまった時に凍えてしまう事が最悪です。

※災害時

ファミリーキャンプとは別なのですが、ポータブル電源を選ぶ時に頭に入れておきたいのが、災害時にも活躍出来ると言う点です。

地震が多い日本に住んでいる以上、いつ避難生活をする事になるか分からないですよね。

それも踏まえてポータブル電源の購入を検討したいと言う方もおられるのではないでしょうか。

その方は迷わず大きな容量にして下さい。

1000Wh以上の物も多くラインナップとして存在します。

もちろんその分お値段も比例して大きくなっていくのですが、必ず役に立つものになるので、容量で自分の想定する消費電力から何日分の電気かな?
とかを検討してみてはいかがでしょうか?

ファミリーキャンプに必要なポータブル電源の容量【まとめ】

ファミリーキャンプにポータブル電源は必要かと言う事でお伝えさせていただきました。

時期や場面によっては必ず必要な場面がある事がお分かりいただけたのでは無いかと思います。

ご自身ファミリーキャンプにあったポータブル電源を選んでいただければと思います。

ご参考にしていたまけると幸いです。

ご拝読いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次