ソロキャンプにワンポールテントはおすすめ?メリットとデメリットについて解説

ワンポールテントは背も高くて、見た目もおしゃれなテントですよね!

でも、ソロキャンプで使うには、なんだか大きいし、荷物になりそうなイメージがありませんか?

しかし、結論から言うと、ソロキャンプにワンポールテントはおすすめです!

実は、1人でも簡単に設営・撤収ができ、コンパクトになるタイプが多く、ソロキャンプとの相性は抜群です。

今回は、そんなワンポールテントをソロキャンプに使う場合のメリットやデメリットを踏まえて紹介します。

目次

ソロキャンプにワンポールテントを持って行くメリット

人で簡単に設営・撤収ができる

ワンポールテントは、本体を支えるフレームはセンターポールだけです。

固定方法はテント本体を地面にペグで止めれば、あとはセンターポールで立ち上げて完成します。

そのシンプルな構造が故に、設営・撤収にかかる時間がかかりません。

そのため、よりソロキャンプに時間をゆっくりと過ごすことができます。

ポールの数が少ないので、コンパクトになる

ワンポールテントは、その名の通り、ポールが1つです。

同じ大きさの他のテントと比較すると、ポールが少ないぶんコンパクトになります。

また、床面の無いシールドタイプを選ぶことや、ポールの材質にもこだわると、より軽量化する事が可能です。

これにより、広い居住性を持ちながら、バックパックスタイルやバイクキャンプなどを楽しめます。

ソロキャンプにワンポールテントを持って行くデメリット

三角なのでデッドスペースが多い

ワンポールテントの最大のデメリットは、このデッドスペースと言っても過言ではありません。

ポールのあるセンターは高さがあるものの、端に行けば行くほど狭くなります。

特に着替えなどを行うと、閉塞感をより感じるかと思われます。

ワンポールテント選びのコツとしては、最大高さだけ見てもいけません。

自分の身長も含めて、どれくらい可動できる範囲があるかも確認しましょう。

ど真ん中にポールが立つため、空間を使いにくい

これが思ったより、厄介です。

寝るスペースを確保して、荷物も置いて、いざテーブルなどを設置してみると、意外と配置に困ります。

そのため、自分の持っているキャンプ道具を確認して、レイアウトを想像してみることをおすすめします。

大きめのギアが多いと、テント内がごちゃごちゃして、生活しにくいことがあるので、要注意です。

ワンポールテントのおすすめソロキャンプスタイル

*低い位置での生活をする

お座敷スタイルや、あぐらの組める低い椅子などとの相性が良いです。

これにより、ワンポールテントのデメリットである、端っこの居住性の低さを解消することができます。

また、これらのスタイルは、他の椅子などに比べて、高さを出す必要がない分、フレームなどの軽量化が見込めます。

そのため、ワンポールテントと相まってコンパクトなソロキャンプをすることができます。

*シールドタイプのワンポールテントを選ぶ

やはりおすすめは、シールドタイプです。

なんと言っても、床面が無いぶん軽量化ができます。

また、コットを使用することで、椅子の代わりにもなります。

そのため、椅子、グランドシート、マットなども省くことができるため、おすすめのソロキャンプスタイルです。

ソロキャンプにワンポールテントはあり?【まとめ】

いかがでしたでしょうか、ワンポールテントは、大きく見えて実はコンパクトで扱いやすいテントです。

そのため、1人で設営・撤収が容易なところやコンパクトになるなどといったメリットがあり、ソロキャンプとの相性は抜群です。

また、ワンポールテントによって生じるデメリットについても、お座敷スタイルや低い位置で生活することによって、解消できます。

このため、総括するとソロキャンプにはワンポールテントはおすすめのテントです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次